電子応用計測ガイドブック
一般社団法人 日本電気計測器工業会編


 一般社団法人 日本電気計測器工業会は、1948年創立され、現在主として電気計測器類の製造を営む、およそ130社の会員で構成され、その取り扱い品目は、指示計器、電力需給計器、電気測定器、電子応用計測器、ファクトリー・オートメーション(FA)用計測制御機器、プロセス・オートメーション(PA)用計測制御機器、環境計測器、放射線計測器など、広く計測と制御に関連するもので、今日に至るまで、わが国における産業の発展に大きく寄与してまいりました。

 第二次産業の発展段階においては、生産活動が主体であり、したがって計測対象は、主として時間、電気量、温度、圧力、流量といった物理量であったが、社会的ニーズの変化と科学、技術の進歩が相候って、次第に消費者である人間を中心とした領域に計測の対象が移行し、味覚、嗅覚、触覚などの感覚計測の分野が開拓されてきた。また半導体技術や信号処理技術の発展は、大量の情報を扱う画像処理についても目覚ましい発展を見るにいたっている。

 今回当工業会では、会員会社以外にも呼びかけ、物理量、感覚量、あるいは電子応用計測システムに関連する最新の技術と情報を網羅した、“電子応用計測ガイドブック”を発刊する事になりました。最新の機器、システムおよび製造会社などを紹介した本書が、広く関係各位にご利用いただき、お役に立つことが出来れば幸いに存じます。また本書がトリガーになり、第2次産業分野のみならず、第1次、第3次産業分野においても感覚計測に関する議論が広く行われん事を念願する次第であります。

 ここに本書の幅広いご活用をお願いすると共に、今後も当工業会は新技術分野の発展に積極的に貢献してまいる所存でございますので、一層のご支援、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。


一般社団法人 日本電気計測器工業会



はしがき


 21世紀も間近になった高度産業社会の今日、20世紀の科学技術の進歩に支えられた第2次産業がその発展の中心的役割を担ってきました。その中で、電気計測器は、あらゆる産業のマザーツールとして、第2次産業の発展に大いに寄与してきました。
 日本電気計測器工業会が取り扱っている電気計測器の1分野である電子応用計測器は、電気測定器から発展分離したものであり、電気・電子的手段により、各種物理・化学量計測を主目的とした計測機器です。このように、電子応用計測器は、どちらかといえば、測定原理・技術の観点(シーズ)からの分類であり、その中で発展・普及した計測品目は、業界向け(ニーズ)の独立した計測機器として取り扱われております。
 電子応用計測器の歴史を簡単に振り返りますと、1930年代頃から「物理量の電気計測」として、電気が計測分野の主役になってきました。また、1950年代半ば頃から、戦後の工業の発展と共に、温度・圧力・流量などを扱うPA計測制御機器の中のトランスデューサが独立した計測器品目として扱われてきております。また、1960年頃に、原子力発電の発展と共に、放射線計測器の分野が独立項目としてあげられています。
 1960年代後半の高度成長時代に公害の問題がクローズアップされ、1970年代に、環境計測器が独立した品目として、取りあげられています。また、1970年から80年にわたって産業界の生産合理化の要請により、FA計測制御機器も発展してきています。
 これらの歴史的流れに見られるように、新規に開発された技術や計測器が、電子応用計測器から独立して、1つの計測ジャンルを形成しております。このように、電子応用計測器は、その性格上多方面にわたる用途に応用できうる汎用的な技術をベースとした計測器と位置づけることができます。
 今後の新しい傾向としては、計測器のシステム化があげられます。これは、1980年代から90年代にかけてのコンピュータとその周辺技術の発達が大きな影響を与えています。これらのシステム化により、産業界においては、高信頼性、自動化、省力化などに大きく寄与しているだけでなく、最近の多品種少量生産システムの要求に対しても応えております。さらに、第2次産業だけでなく、情報・サービス・交通・流通などの第3次産業にも新しい計測システムが利用されつつあります。
 もう1つの新しい傾向としては、人間の五感に代表される「感覚計測」があげられます。この分野は、視覚・聴覚などごく一部の分野にのみ、実用化されておりますが、全体的に見るとまだまだ未発達の分野であり、今後大いに期待される分野であります。
 このような背景のもとに、多方面にわたるユーザ層、業界に利用されている電子応用計測器及びシステムの全体をまとめ、幅広いユーザ層に便利なレファレンスブックとしてご利用いただくと共に、本分野のさらなる需要を喚起するために、本“電子応用計測ガイドブック”を編集することに致しました。
 なお、本ガイドブックは初版ですので、基本的には、日本電気計測器工業会の“FA計測制御機器ガイドブック”にならって編集しており、掲載品目ごとに写真または図などを入れ、わかりやすい構成になっております。また、掲載品目の説明文につきましても、概要をご理解頂けるように、1ページ4品目を最小スペースとしております。また、利用する皆様が簡単に索引できるように、本ガイドブックの付録の最初に会社別掲載製品系列一覧表を載せております。また、本ガイドブックは、上記の趣旨により、日本電気計測器工業会会員以外の製造会社および販売会社にも掲載していただいております。
 ここに、“電子応用計測ガイドブック”の発刊に当たり、電子応用計測器及びシステムユーザ皆様方の本ガイドブックのご利用と、ご愛顧、ご指導をお願いいたします。予定掲載品目に応募がないものや、掲載品目の分類などに偏りがあると感じる箇所もございますが、今後の改訂でさらなる内容の充実を図っていく所存ですので、内容、編集についてのご意見、ご批判をぜひともお願いする次第でございます。  本ガイドブックをとりまとめるにあたり、本文および広告掲載会社をはじめ関係各位に多くのご協力を賜り、ここに厚く感謝の意を表する次第であります。


一般社団法人 日本電気計測器工業会
電子応用計測ガイドブック編集委員会