第2編 FA用操作端


はしがき
自動生産ラインで中心となる技術は、メカトロニクスである。工作機械、搬送機、部品挿入機などのメカトロニクス機器を構成するためには、電子機器で処理された電気信号を機械的な運動に変換する機器や要素を必要とする。この部分を担うのがアクチュエータであり、サーボモータ、電磁ソレノイド、油圧シリンダなどである。出力変換器には、これらで駆動する制御弁なども含まれる。また、製造ラインでは、熱による加工もよく用いられる。温度を出力と考えれば、ヒータとその電力調整器は出力変換器である。

ここでは、代表的なアクチュエータについていくつかピックアップして説明する。

1.モータ
2.ソレノイド
3.電圧アクチュエータ