2.温度センサ

温度センサは、測定対象物にセンサを接触させ測定対象物とセンサを同一の温度として温度を測定する接触式と測定対象物から放射される熱放射の強さから測定する非接触式に大別することができる。

2.1 接触式温度センサ
接触式温度センサとしては、2種類の材質の異なる金属線の先端を接続し、その先端と他端の温度差によって熱起電力が発生する原理を利用して測定する熱電対や、一般に金属の電気抵抗が温度に比例して増加する性質を利用する測温抵抗体、金属の酸化物を焼結した素子で温度の変化で抵抗値が大きく変化する特性を利用するサーミスタなどがある。また、異種金属をはり合わせてそれぞれの熱膨張率の違いによる形状の変化から温度を測定するバイメタル、感温部の熱膨張を圧力変化に変えて測定する充満式温度計などもある。

接触式温度センサの分類

(1) 熱電対
(2) 測温抵抗体
(3) サーミスタ
(4) バイメタル
(5) 充満式温度計

2.2 非接触式温度センサ
非接触式は、測定対象物から放射される熱放射をとらえ温度を計測するもので、放射温度計が代表的である。放射温度計の分類は注目する視点により種々の方式があるが、熱放射をどうとらえるか(測定波長域)で分類すると次のようになる。広い波長帯域の熱放射エネルギーを測定する全放射温度計、比較的広い波長帯域の部分放射温度計、狭い波長帯域の単色放射温度計、および二つの狭い波長帯域における熱放射の比から測定する2色放射温度計などがある。

非接触式温度センサ(放射温度計)の分類

(1) 全放射温度計
(2) 部分放射温度計
(3) 単色放射温度計
(4) 2色放射温度計

2.3 熱画像センサ・赤外線サーモグラフィ
赤外線カメラをもちいて、測定対象物の表面温度分布を測定する方法がある。各種炉で耐火煉瓦の損傷の有無や、プリント基板で局所発熱の有無等の測定に使われる。
赤外線サーモグラフィ(Infrared Thermography)は、対象物から出ている赤外線放射エネルギーを検出し、見かけの温度に変換して、温度分布を画像表示する方法のことをいい、その装置を赤外線サーモグラフ(Infrared Thermograph)と呼ぶ。(ただし、最近の文献では分けて表記することはほとんどない。)