7.その他の専用装置

 システム製品は,その単純でない機能や技術的進歩の速さによる製品の消長の激しさ等により,また市場ニーズに対応する各社の開発思想についても違いがあり,明確に分類することはきわめて困難である.たとえば,専用装置という言葉自体にしても,広範囲の制御専用装置から,特定のプロセスあるいは,特定の機器を対象とする処理装置まで,その意味とするところはまちまちである.
 ここでは,上述のような理由によって,今までの分類に入らない製品をここに分類している.
 さらに狭義の専用システムとして,計器あるいは,マイクロコンピュータの応用として特定の対象用に組み上げた形の製品もここに収録してある