第3編 操作端


1.はしがき

 ここでいう操作端とは,調節器からの信号を受け,直接プロセスを制御する装置をいう.
 プロセスオートメーション分野において,最も多く使用されている操作端は,配管路に取り付けられ,管路の開閉又は流路面積を変化させることにより,流体の流れを制御するバルブ(オンオフを含む)である.他に操作端として,コンベヤ,可変抵抗器,可変速電動機,無段変速機,その他の機械設備が用いられることもあるが,後者の場合はこれらを駆動する装置やモータ等までをプロセス制御の操作端としている.

図3.1 操作端の種類

 操作器は直接プロセス流体に接しないため,信号と駆動源(補助動力)の種類……空気圧,電気,油圧……,出力(操作力),出力軸の動作(直線か,回転か)等により操作端の種類を分類するが,この編では駆動源別に分類している.

3.1 空気式操作端
3.2 電気式操作端
3.3 その他の操作端
3.4 弁形式選定ガイド
3.5  ポジショナ

 バルブは,調節器や変換器が比較的標準化されているのに対して,使用する場所の条件(屋内,屋外,寒冷地,熱帯地,防爆,防水,防塵,防食等)やプロセス条件(流体温度,圧力,差圧,流量,腐食性,その他)等により,その都度,個々の使用条件に適合した仕様のものを選択する必要がある.
 バルブの代表として自動弁を例にとると,駆動源により自力式と他力式に分けられ,他力式はさらに操作器の種類により分類される.なお,弁本体部に関する検討項目だけでも,弁の形式,弁のサイズ,圧力定格,接続形式,上蓋形式,本体およびトリムの材質とその硬化処理の要否,パッキン,潤滑剤の選定の他,禁油処理および禁水処理等の洗浄条件まで含まれ,すべてプロセス条件に関連して選定されている.