11.回転計

 回転計には検出器として,電磁式と光電式の方式がある.これらは一般仕様のものと,防爆仕様(耐圧,本質安全)のものがあり,いずれも検出器からの信号を受けて表示器でその値を表す.表示方式は,ディジタル式とアナログ式がある.また単に回転数を表示するものと,二つの回転数の測定値と基準値の比を演算し,それぞれを表示させる回転計や1台で2機能をもった方式もある(計測と制御が同時に行える).これは,あらかじめ設定された回転数を基準に,実測値と比較して制御を行い,同期,タイミング等の警報用信号も任意に設定できる.これらの回転計にはディジタル表示と,出力信号を発信できるものがある.
 また,光伝送技術を応用して表示や信号を出力させる回転計もある.