1.2 流量計

1.はしがき

 流量はプロセス変量の一つであり,温度や圧力が製品の質の制御に深く関り合うのに対し,流量は主として製品の量に関係する.この流体の移動量を測るものが流量計で,多種多様なものが実用に供されている.それらをできるだけ多く本技術解説に集録するよう努力した.本章では,流量計を次のように分類してある.

 1.2.1  差圧流量計
  1.2.1.1 絞り機構
  1.2.1.2 差圧伝送器
 1.2.2   面積流量計
 1.2.3  電磁流量計
 1.2.4  容積流量計
 1.2.5  渦流量計
 1.2.6  タービン流量計
 1.2.7  超音波流量計
 1.2.8  開水路流量計
 1.2.9  質量流量計(コリオリ式,熱線式等)
 1.2.10  その他の流量計
 以下,原理,構造および特徴について簡単に述べる.